モグキューブ安全性(成分・副作用etc.)調査~愛犬の健康は運動と食事!

モグキューブ安全性(成分・副作用etc.)調査~愛犬の健康は運動と食事!モグキューブ

ドッグフードを選ぶ際、気になるのはやっぱりフードの”安全性”ですよね。

わんちゃんも大切な家族の一員ですから、健康のために安心で安全なドッグフードを食べさせてあげたいと気持ちはは飼い主さん共通の思いです。

最近ではアレルギー対策として「グレインフリー」のドッグフードや、人口添加物を使用しない「無添加」などこだわりを持って作られたドッグフードがたくさんあり、モグキューブもその1つ!

抜群の美味しさ高い栄養価安心の品質の3拍子が揃ったプレミアムドッグフードです!

活動する愛犬に躍動するための食事を。フリーズドライドッグフード『モグキューブ』

モグキューブの成分・原材料は本当に安全?

モグキューブを実際に与えた口コミ・評判!

結論から先にお伝えすると、モグキューブの成分・原材料の安全性は他のドッグフードと比較してもトップクラスです!

具体的にどんな点にこだわり作られているのか見ていきましょう。

モグキューブは無添加ドッグフード!

無添加ドッグフードとは、人口添加物・香料・保存料・着色料などを使用しないで作られたドッグフードのことを言います。

モグキューブはこれらの添加物は一切使われていない100%無添加のドッグフードです。

酸化防止剤の役割

モグキューブでも、人口添加物・香料・保存料・着色料は無添加であるものの、酸化防止剤として「ミックストコフェロール」が使われています。

犬は人間より体重に対するカロリーが多く必要なので、ペットフードにはエネルギー源として油脂成分が多く含まれます。
油脂成分が多く含まれるペットフードは時間が経つと、どうしても酸化や劣化しやすくなります。
酸化が進んだドッグフードは美味しくなくなるだけでなく、健康にも悪影響を及ぼすことがあるので、ドッグフードの品質を保つために酸化防止剤は必要な成分です。

酸化防止剤は自然由来を選ぼう!

酸化防止剤という字ずらだけを見ると何か人工的な感じがしてワンちゃんの体に悪そうな気がしてしまいますが、ミックストコフェロールは自然由来のため安全な成分なんです。

ミックストコフェロールは天然成分で安全!

トコフェロールとは、ビタミンEのことです。
このトコフェロールを複数種類混ぜたものがミックストコフェロールと呼ばれています。

ミックストコフェロール以外にもクエン酸やローズマリー抽出物(ハーブエキス)なども、天然由来の酸化防止剤で安全な成分です。

危険な酸化防止剤は?

酸化防止剤は天然由来の成分でできた「天然型」のほかに、化学的に合成された「人口型」の酸化防止剤も存在し、添加物としてよく問題になるは人口型の酸化防止剤です。

  • BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
  • BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
  • エトキシン
  • 没食子酸プロピル

これらの成分には確かに毒性や発がん性が認められてはいるものの、多量摂取した場合にその危険があるということで、少し食べたからといってすぐにどうなるというわけではありません。

また日本にはペットフードの安全性を確保するために、「愛がん動物用飼料の確保にかんする法律(ペットフード安全法)」という法律があり、ペットフードの添加物についても基準や規格が設けられているので安全な範囲を超えて添加物が入ることはありません。

とはいえ、「基準値内であれば大丈夫」だと言われても、大切な愛犬には少しでも体に悪い成分は食べさせたくありませんよね。

酸化防止剤は安全な自然由来のものもあるわけですから、せっかく選ぶなら安全なものを使用したドッグフードを選びぶのがベストだと思います。

安心なドッグフードを選ぶポイント!
  • 酸化防止剤は必要な添加物!
  • 酸化防止剤には「天然型」と「人口型」がある!
  • 人口型は多量摂取すると危険!
  • 天然型(ミックストコフェロール・ハーブエキス・クエン酸etc.)は安心!

モグキューブは高品質なラム肉を使用したドッグフード!

モグキューブはラムがベースのドッグフードなので、お肉は安心で安全なものが使用されているかがポイント。

そこでモグキューブでは、ニュージーランド産のグラスフェッド(牧草飼育)ラムが使われています。

ニュージーランドの食肉製品は世界最高レベルの安全性といっても過言ではなく、現に世界で最も厳しいとされる食品安全管理体制が敷かれていて、羊や牛などの家畜に一度も疫病が発生したことがありません。

そのため、大切な愛犬にも安心して食べさせてあげることができます。

モグキューブはグレインフリーのドッグフード!

ラム肉は犬の健康維持と相性が良く、身体づくりに欠かせないたんぱく質を豊富に含み、さらにエネルギー補給をサポートするL-カルニチンや健康的な身体を保つオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸といった不飽和脂肪酸も含まれます。

そんなラム肉の恩恵をしっかり受けるためにはラム肉の含有量が多いフードを選ぶ必要があります。

モグキューブは主原料のうちラムが占める割合がなんと74.6%!ラム肉をしっかり摂取することが可能です。

またラムベースのドッグフードは鶏肉などと比べると原価が高くなりがちなので、ラムを原料と謳いながら大豆や小麦、米などの穀物の割合を多くするフードもあり、原材料をよく確認する必要があります。

モグキューブはラム肉ベースでありながら、穀物不使用(グレインフリー)でもあるため、間違いなく高品質なプレミアムドッグフードです♪

モグキューブに副作用の危険はある?

モグキューブはお薬ではないので副作用の危険性はありません。

また先述したように、モグキューブは人口添加物は不使用。

安全な自然由来の酸化防止剤が使用されているのでわんちゃんの体に悪影響を及ぼす成分は含まれていません!

モグキューブにアレルギー心配はある?

ラム肉、ラム肺、ラムレバー、ラム気管、紫イ貝、エンドウ豆、緑イ貝、ミネラル類(リン酸二カルシウム、塩化カリウム、塩、塩化コリン、酸化マグネシウム、亜鉛アミノ酸キレート、鉄アミノ酸キレート、セレン酵母、銅アミノ酸キレート、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム) 、海藻、アマニ、卵、魚油、ブロッコリー、リンゴ、ココナッツ、ヒマワリ油、酸化防止剤(ミックストコフェロール)、ビタミンD

上記はモグキューブの原材料一覧です。

モグキューブの主原料として使われているラム肉は犬の健康維持に必要なたんぱく質やビタミン類が豊富でありながら、鶏肉や牛肉に比べてアレルゲンになることが少なく、アレルギー対策のたんぱく源補給におすすめ食材です。

またモグキューブは、グレインフリー(穀物不使用)でもあるため、アレルゲンを特定しきれていないわんちゃんにもおすすめです♪

ただし、アレルゲンを特定できているなら、モグキューブにアレルゲンとなる食材が含まれていないかよく確認してから与えてあげてくださいね!

モグキューブは愛犬の健康維持におすすめドッグフード!

愛犬の健康維持のためには毎日の食事が大切なのは言うまでもありません。

モグキューブは、愛犬にとって重量なエネルギー源となる「たんぱく質」が豊富でありながら、関節をサポートする「グルコサミン」や皮膚炎の改善など様々な健康効果が期待できる「オメガ3脂肪酸」などの補助成分も豊富に含まれ、理想的な身体を助ける食事をすることができます。

運動も大切な健康管理の1つ

また愛犬が健康でいられるようにするためには、毎日の運動も必要不可欠です。

わんちゃんの体格によっても運動量は異なりますが、中型犬であれば1日2回を30分程度、大型犬であれば1日2回を30分~1時間程度を目安にすると良いでしょう。

反対に小型犬はそれほど運動量を必要としないので外での散歩は不要にも思えます。

ですが、外に出て日光にあててあげることも大切ですし、他の犬との交流で社会性も磨かれます。

散歩は犬にとってリフレッシュできる環境でもあるため、短時間でも散歩に出かけてあげることは大切です!

モグキューブまとめ

愛犬の健康は毎日の積み重ねで成り立ち、ドッグフードもその1つ!

モグキューブはラム肉を惜しみなく配合し、高たんぱくでビタミンなどの栄養も豊富という点が大きな魅力です。

また穀物不使用でもあるため、アレルギー対策のドッグフードとしても◎

高品質のラムベースドッグフードを探しているという飼い主さんにモグキューブはおすすめです!

活動する愛犬に躍動するための食事を。フリーズドライドッグフード『モグキューブ』

コメント

タイトルとURLをコピーしました